顎関節症がマウスピースで治らない時どうすればいいの?

あなたは、顎関節症にお悩みでマウスピースを使った治療を試したけれど良くならない、または今まさにマウスピースを使った治療を受けようか検討してこのページをご覧なのではないでしょうか?

これから、顎関節症の症状やマウスピースを使った治療のことについて詳しくご説明していきますので、ぜひ最後までお読みくださいね!

 

顎関節症とは?

顎関節症は近年増加傾向にあり、子供から高齢者まで幅広い年代でみられる疾患です。

男性に比べて女性の方が約2~3倍多いと言われており、顎関節症の症状を大きく分けると「顎の痛み」「関節雑音」「開口閉口障害」の3つがあります。

その他の症状としては、肩こりや頭痛といった一見、顎とは関係ない個所にも顎関節症の影響で症状が併発することがよくあります。

 

・顎の痛み

顎の痛みは顎周辺の咀嚼筋(そしゃくきん)と呼ばれる、ものを噛むときに使う頬や頭の横の部分の筋肉や口を開ける時に使う筋肉の痛みと顎関節(耳の下や耳の穴の前あたりが顎関節です。)が炎症を起こして起こる痛みの2つがあります。

・関節雑音

口の開閉や食べ物を噛んですり潰すような顎を横方向にスライドさせる動き時に「カクカク」「コリコリ」という音がする場合、顎関節のクッションの役目をしている関節円板(関節軟骨)が引っかかって音が鳴ると考えられており、その他「カクカク」「シャリシャリ」「ミシミシ」といった雑音がすることもあります。

 

・開口閉口障害

普通、正常な顎関節は口をいっぱいに開けたとき縦に指が3本分(4~5センチ)入りますが、正常に動いていない顎関節では指が2本(3センチ以下)、もしくはそれ以下しか入りません。

このような状態になると、あくびや食事、話をするのにも支障が出てしまいます。

 

マウスピースを使った顎関節症の治療

マウスピースを使った顎関節症の治療法は、スプリント療法と言って主な目的は夜寝ている時の歯ぎしりや食いしばりによって顎の筋肉を疲労するのを予防するために使います。

 

顎関節症で使用されるものとしては大きく2つあります。

 

1、スタビライゼーション型(全歯列接触型スプリント)

スタビライゼーション型は歯の全体を支えるタイプで目的としては筋肉の負担の軽減、顎関節の保護、歯のすり減りの保護、噛合せの矯正です。

 

2、前方整位型(リボジショニングスプリント)

下顎や関節円板の位置を正しい位置に戻す。下顎が前に行くのを防ぐのを目的として使用しますが、この効果が逆に下顎に負担がかかる可能性があります。

 

マウスピースを使った治療では、長期的な治療になるため装着時の不快感や付けていると寝れないといった問題点があります。

 

なぜ?マウスピースでは治らないケースがあるのか?

顎関節症がマウスピース(スプリント療法)療法は、賛否両論でマウスピースを使って治るという理由の中に患者さんの思い込(ブラシーボ効果)もあると考えられています。

 

顎関節症と一言で言っても、症状や原因は様々なのでその方の状態に合った治療でないと治らないか治るとしても時間がかかってしまいます。

 

顎関節症に万能な治療法はないのでマウスピースで様子を見ても改善がみられないようなら違う治療に切り替える必要があります。

 

当整体院の施術方法

廣井整体院では顎関節症のタイプ分けとして、

1,筋肉の障害によって起こるタイプ

2,顎関節に問題がある事によって起こるタイプ

3,頚椎(首の骨)に問題がある事によって起こるタイプ

の3タイプに分類してそれぞれのタイプに合わせた施術をすることで顎関節症を改善させていきます。

 

もし、廣井整体院で治療を受けてみたいと思われた方は、今すぐご連絡ください。

「施術の前後で体の変化が体感できる」和歌山の整体 廣井整体院

☎073-423-6751

メール・LINEでのお問い合わせはこちらをクリック

顎関節症で悩んでいた患者さんからの喜びの声をご覧ください!

同じ症状で悩むお客さまの声

顎のガキガキ鳴る音が改善されました。

M.Eさん 32歳 保育士 女性

数年前から顎関節症で、食べ物を食べている時に‟ガキガキ”と音が鳴ったり、口が大きく開かなかったりと気になっていたのと、去年の夏に出産し、お腹が大きくなってきた頃から腰が痛いと感じ、出産後も子供を抱っこして立っているのも辛い日が続いていました。

 

私の母にすすめられ、廣井整体院に診て頂くことになりました。

診て頂くと、腰が痛いと思っていましたが、背中の所の筋肉が固くなっているとのことで、施術や家で出来る肩甲骨ストレッチなど教えてもらい、初めは、本当に痛くなくなるかな?と思うくらいでしたが、何度か通っているうちに立っていても痛いと思うのがなくなりました!

 

顎関節症は、右で噛んで食べるクセがあるなど自分では気づかなかった原因を探してくださったり、その後、左で噛むようにしたり、先生に診て頂いて、音(アゴ)が少し小さくなり、日によっては、口を開けても音が鳴らない日もあるようになりました。

 

整体は、私も初めてだったので良くなるかな?と少し不安でしたが、大体の通う目安の日程(日数)を教えて下さったり、お話ししやすい先生でしたので、本当によかったです。

 

子供が一緒でも施術を受けられ、子供にも優しくして下さったのが嬉しかったです。

子供さんがいる方でも安心して来れるのもおススメです!

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

廣井整体院に通って初めて、顎関節症は治せるものなんだなと思いました

K.H様 32歳 事務 女性 顎関節症で来院

私は顎関節症で大きな口を開ければガクンとなったり、たまに痛くて口を開けにくくなったりしていました。

 

インターネットで口腔外科を探していたのですが、たまたまこちらの整体院のホームページで顎関節症の事を書いていたので、伺うことにしました。

 

まだ数回通っただけですが、行くごとに、ガクンとしていたのが少しずつマシになっていって、スムーズに口を開けれるようになっていきました。

 

状態のことも丁寧に説明してくれるので安心しましたし、その日の調子の悪い個所をたずねてくれて、治療してくれるので体全体が軽く感じるようにもなりました。

 

こちらに通ってはじめて、顎関節症は治せるものなんだなと思いました。

 

同じ症状で悩んでる方にも、ぜひ治療をうけて楽になってほしいです!!

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

初めは不安でしたが、開かなかった口がしっかり開くようになりました!

ミッチィさん 40歳 事務 女性 顎関節症、股関節の痛みで来院

1、当院に通う前は、身体の事でどんな悩みや不安・不満がありましたか?

肩こりから歯グキがはれたのか、口が開かなくなりました。

足の付け根に痛みがあったのですが、長らく放ってました。

そのため、開くたび痛みを感じてました。

 

2、整体治療など、当院来院にあたって心配や不安はなかったですか?

また、心配や不安はどうやって解消しましたか?

初めての時はやはり不安でしたが、1つ1つ話を聞いてくれたので痛みの事を伝えることができました。

 

3、実際に当院の整体を受けてみて、どのような点が変わりましたか?

足の痛みは半分諦めてましたが、先生と話すうち、治せるのでは?と思うようになり、最後までやってみようと思えるようになりました。

 

4、あなたと同じような症状をもった方へ勇気の出る一言お願いします!

開かなかった口がしっかり開くようになり、その後も肩こりが少なくて済むようになり口が開かなくて困る事がほとんどなくなりました。

口が開かなくても、開くようになります!!

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

症状について詳しくはこちら

顎関節症ブログ(まとめ)

関連記事