顎関節症 口が開かない原因と対処法 その2

あなたは、顎関節症で今まさに縦に指3本が口に入らない位にしか口が開かなくてお困りか、たまに口が開かなくなることにお悩みでなぜ顎関節症で口が開かなくなるのか?その原因や対処法についてお調べではありませんか?

このページでは、顎関節症で口が開かなくなる原因と対処法についてわかりやすく解説して行きます。

顎関節症で口が開かなくなる原因とは?

当院が考える、顎関節症で口が開かなくなる原因は大きく分けて2つあります。

1、頚椎(首)に問題がある場合

2、顎関節自体、または顎関節を動かす周辺の筋肉に問題がある場合

頚椎(首)に問題がある場合については、別ページの「その1」で解説してあるので、このページでは、顎関節自体、もしくは顎関節を動かす周辺の筋肉に問題がある場合について解説していきます。

 

顎関節症 口が開かない原因と対処法 その1(頚椎(首)に問題がある場合)をご覧になりたい方はこちらをクリック

顎関節自体、または顎関節を動かす周辺の筋肉に問題あって口が開かなくなる原因

顎関節は頭蓋骨に下顎骨がぶら下がるようにして構成されている関節で、口を開閉するのに各役割を持った筋肉が働いて口を動かしています。

口を開く役割を持つ筋肉(開口筋)には、外側翼突筋・顎二腹筋・顎舌骨筋・オトガイ舌骨筋があり、口を閉じる役割を持つ筋肉(閉口筋)には、咬筋・側頭筋・内側翼突筋があります。

口を開く役割を持つ顎二腹筋、顎舌骨筋、オトガイ舌骨筋は、顎の下の部分にある筋肉でまとめて舌骨上筋群(茎突舌骨筋も含む)と呼ばれています。

外側翼突筋は、下顎骨を左右及び前方運動の役割があり、舌骨上筋群は下顎を下方に引く、嚥下の際に喉頭を引き上げる働きがあります。

 

以上、解説した中でも特に舌骨上筋群の問題が起こって下顎骨を下に引くことが出来なくなる事によって口が開かないというケースが多く、逆に言うと舌骨上筋群の可動性や動きが良くなると開口しやすくなります。

舌骨上筋群の可動性や動きを良くするマッサージ方法

では、舌骨上筋群の可動性や動きを良くするマッサージ方法をご説明していきます。

ただし、あくまで応急処置的な対処法ですのでもしやっている時に痛みを感じることや効果が無い場合にすぐに専門の病院や信頼できる治療院で診てもらう様にしてください。

 

まず左顎からやっていくのですが、左手で顎の角の上側の部分を手のひらで支えます。

この状態から上方向に、皮膚を引っ張るように手をスライドさせます。

この皮膚を引っ張るように手をスライドさせた状態から顎の下の角に指を3本あてて、ゆっくりと下方向に指先をこするようにスライドさせていきます。

 

この時の力加減ですが、爪の先が少し白くなるくらいの力加減で、下にゆっくりスライドさせていきます。

指の腹でひっかくような感じでマッサージを行って下さい。

 

これを真ん中から、左の耳の方向に向かって、移動させながら4か所、5か所くらいに分けて行ってもらいます。

これをまず2往復行ってみて下さい。

反対側も手を逆に変えて行ってみて下さい。

 

↓の動画では、顎の下が痛い時のマッサージというタイトルですが、マッサージのやり方は同じなので文章で分かりづらい方は、動画をご覧ください

まとめ

いかがでしたでしょうか?

前回と今回の2回に分けて顎関節症で口が開かなくなる原因と対処法をご紹介してきました。

軽症であれば、これらの対処法でも口が開きやすくなるはずですが、変化がない場合はセルフケアでは良くならない状態であることが考えられるので、顎関節症を専門に施術している病院や治療院で施術を受けるようにして下さい。

 

もし、廣井整体院で治療を受けてみたいと思われた方は、今すぐご連絡ください。

「施術の前後で体の変化が体感できる」和歌山の整体 廣井整体院

☎073-423-6751

メール・LINEでのお問い合わせはこちらをクリック

顎関節症で悩んでいた患者さんからの喜びの声をご覧ください!

同じ症状で悩むお客さまの声

顎のガキガキ鳴る音が改善されました。

M.Eさん 32歳 保育士 女性

数年前から顎関節症で、食べ物を食べている時に‟ガキガキ”と音が鳴ったり、口が大きく開かなかったりと気になっていたのと、去年の夏に出産し、お腹が大きくなってきた頃から腰が痛いと感じ、出産後も子供を抱っこして立っているのも辛い日が続いていました。

 

私の母にすすめられ、廣井整体院に診て頂くことになりました。

診て頂くと、腰が痛いと思っていましたが、背中の所の筋肉が固くなっているとのことで、施術や家で出来る肩甲骨ストレッチなど教えてもらい、初めは、本当に痛くなくなるかな?と思うくらいでしたが、何度か通っているうちに立っていても痛いと思うのがなくなりました!

 

顎関節症は、右で噛んで食べるクセがあるなど自分では気づかなかった原因を探してくださったり、その後、左で噛むようにしたり、先生に診て頂いて、音(アゴ)が少し小さくなり、日によっては、口を開けても音が鳴らない日もあるようになりました。

 

整体は、私も初めてだったので良くなるかな?と少し不安でしたが、大体の通う目安の日程(日数)を教えて下さったり、お話ししやすい先生でしたので、本当によかったです。

 

子供が一緒でも施術を受けられ、子供にも優しくして下さったのが嬉しかったです。

子供さんがいる方でも安心して来れるのもおススメです!

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

廣井整体院に通って初めて、顎関節症は治せるものなんだなと思いました

K.H様 32歳 事務 女性 顎関節症で来院

私は顎関節症で大きな口を開ければガクンとなったり、たまに痛くて口を開けにくくなったりしていました。

 

インターネットで口腔外科を探していたのですが、たまたまこちらの整体院のホームページで顎関節症の事を書いていたので、伺うことにしました。

 

まだ数回通っただけですが、行くごとに、ガクンとしていたのが少しずつマシになっていって、スムーズに口を開けれるようになっていきました。

 

状態のことも丁寧に説明してくれるので安心しましたし、その日の調子の悪い個所をたずねてくれて、治療してくれるので体全体が軽く感じるようにもなりました。

 

こちらに通ってはじめて、顎関節症は治せるものなんだなと思いました。

 

同じ症状で悩んでる方にも、ぜひ治療をうけて楽になってほしいです!!

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

あくびをしても顎がガクッとズレなくなって痛みもなくなりました

m.sさん  14歳  学生  女性  顎関節症で来院

吹奏楽をしだして、左あごが痛くて口があまりあかなくなりました。

 

初め口をあけるのもいたくて、あくびをするとガクッと左側がずれてくちを開けるのも怖かったが、廣井先生に話を聞いてもらい、今の状態を診てもらい、口の中に指を入れて2本までしかはいらなかったのを3本まではいるようになると言ってくれました。

 

夏休み中には必ず良くなるのでがんばりましょうと言ってくれました。

 

最初、口を開いた時2本しか入らなかったのが、今では3本入るようになり、あくびをしてもガクッとズレなくなって痛みもなくなりました。

 

廣井先生に見てもらって本当に良かったと思います。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

症状について詳しくはこちら

顎関節症ブログ(まとめ)

関連記事