顎関節症を改善するための4つの注意点

あなたは、物を食べた時や噛んだ時、口を開けた時に顎が痛い、ガクッと顎がずれる感じがする、カクカク・ガクガクと音が鳴るなど顎関節症の症状にお悩みでこのページをご覧になっているのではありませんか?

これから、そんなあなたにぜひ知っておいていただきたい顎関節症の改善と予防に重要な4つの日常生活での注意点について解説していますので、最後まで読み進めてみて下さい。

顎関節症はなぜ起こるのか?

まず、なぜ顎関節症が起こるのか?について解説していきましょう。

顎関節症は、一般的にはストレスや噛み合わせの悪さ、外傷(顎をぶつけたり殴られたりなどの行為)、姿勢の悪さなどが挙げられますが、当院では顎関節症の原因の大半が日常生活で知らず知らずのうちに顎をずらしてしまっている癖や生活習慣が関係していると考えています。

また、ふつう症状が起こる原因は1つではなく、2つ3つと複合的に積み重なって起こっていることがほとんどです。

顎関節症を改善するための4つの注意点

では、次に日常生活で知らず知らずのうちに顎をずらしてしまっている癖や生活習慣の中でも特に注意すべき4つを解説していきます。

・噛み癖

・頬杖をつく

・うつぶせ寝

・横向き食い

・噛み癖

一つ目は噛み癖です。

ぐっと噛みしめて頬っぺたを触ると筋肉の盛り上がりを感じますが、これが咬筋と言って食事など噛むときに使っている筋肉です。

この咬筋にどちらか左右の筋肉で盛り上りの差があるかをチェックしてみてください。

その盛り上がっている側が知らず知らずにそちらばかりで噛んで筋肉の発達に左右差が起こっている証拠、つまり噛み癖です。

顎関節症の人は、痛みが出ている方ばかり噛むケースが非常に多いので、それをまず反対側が8で、噛み癖がある方が2の8:2で噛むようなイメージで噛むように心がけるよ良いでしょう。

・頬杖をつく

2つ目は頬杖です。

頬杖は下顎骨を、横方向に持続的にずらしてしまう力がかかり続けることで、顎をずらしてしまう原因になります。

これも日常生活でつい癖でしてしまっていることが多いので絶対に行わないようにしてください。

・うつぶせ寝

3つ目は10~20代に多い、うつ伏せ寝です。

うつ伏せで寝るとこれも頬杖と同じように、下顎骨が枕に当たるなどして横方向に力が加わり続けることで、顎をずらしてしまう原因になりますので、寝てしまっている時は仕方が無いですけども、出来るだけ注意する様にしてください。

 

あと、横向きで寝る場合も、体は横だけど顔が少し下を向いてしまうと下顎骨に横方向の力が加わってしまうので、横向きの耳ぐらいまでで、マクラに当たっている部分がいいですけど、顎が当たってしまって寝ている場合はそれも夜中起きた時には注意してください。

・横向き食い

最後4つ目は横向き食いです。

食事の時に例えばテレビが右にあったり、左にあったりしてテレビを見ながら横を向きながら食べていると、真っ直ぐ向きながら食べている時と比べて、横を向きながら食べている時では、使う筋肉の力の配分量というのが変わってしまったり、片噛みや噛み癖のきっかけになったりもします。

また、下を向きながらスマホを触りながら食事をすると、噛む時の筋肉のバランスが変わってしまいますので、出来るだけ姿勢を正して前を向いた状態で食事をするように気をつけてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した4つのポイントに気を付けるだけでも、顎関節症の予防や顎関節症の改善が見込めるので是非この4つを注意して実践してみてください。

ただ、顎の痛みや顎のズレや歪みの度合いが強い場合は、治療が必要になってくるのでそういった方は歯科や口腔外科、整体院など顎関節症の施術を専門に行っているところでみてもらうようにしましょう。


もし、廣井整体院で治療を受けてみたいと思われた方は、今すぐご連絡ください。

「施術の前後で体の変化が体感できる」和歌山の整体 廣井整体院

☎073-423-6751

メール・LINEでのお問い合わせはこちらをクリック

顎関節症で悩んでいた患者さんからの喜びの声をご覧ください!

同じ症状で悩むお客さまの声

顎のガキガキ鳴る音が改善されました。

M.Eさん 32歳 保育士 女性

数年前から顎関節症で、食べ物を食べている時に‟ガキガキ”と音が鳴ったり、口が大きく開かなかったりと気になっていたのと、去年の夏に出産し、お腹が大きくなってきた頃から腰が痛いと感じ、出産後も子供を抱っこして立っているのも辛い日が続いていました。

 

私の母にすすめられ、廣井整体院に診て頂くことになりました。

診て頂くと、腰が痛いと思っていましたが、背中の所の筋肉が固くなっているとのことで、施術や家で出来る肩甲骨ストレッチなど教えてもらい、初めは、本当に痛くなくなるかな?と思うくらいでしたが、何度か通っているうちに立っていても痛いと思うのがなくなりました!

 

顎関節症は、右で噛んで食べるクセがあるなど自分では気づかなかった原因を探してくださったり、その後、左で噛むようにしたり、先生に診て頂いて、音(アゴ)が少し小さくなり、日によっては、口を開けても音が鳴らない日もあるようになりました。

 

整体は、私も初めてだったので良くなるかな?と少し不安でしたが、大体の通う目安の日程(日数)を教えて下さったり、お話ししやすい先生でしたので、本当によかったです。

 

子供が一緒でも施術を受けられ、子供にも優しくして下さったのが嬉しかったです。

子供さんがいる方でも安心して来れるのもおススメです!

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

廣井整体院に通って初めて、顎関節症は治せるものなんだなと思いました

K.H様 32歳 事務 女性 顎関節症で来院

私は顎関節症で大きな口を開ければガクンとなったり、たまに痛くて口を開けにくくなったりしていました。

 

インターネットで口腔外科を探していたのですが、たまたまこちらの整体院のホームページで顎関節症の事を書いていたので、伺うことにしました。

 

まだ数回通っただけですが、行くごとに、ガクンとしていたのが少しずつマシになっていって、スムーズに口を開けれるようになっていきました。

 

状態のことも丁寧に説明してくれるので安心しましたし、その日の調子の悪い個所をたずねてくれて、治療してくれるので体全体が軽く感じるようにもなりました。

 

こちらに通ってはじめて、顎関節症は治せるものなんだなと思いました。

 

同じ症状で悩んでる方にも、ぜひ治療をうけて楽になってほしいです!!

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

初めは不安でしたが、開かなかった口がしっかり開くようになりました!

ミッチィさん 40歳 事務 女性 顎関節症、股関節の痛みで来院

1、当院に通う前は、身体の事でどんな悩みや不安・不満がありましたか?

肩こりから歯グキがはれたのか、口が開かなくなりました。

足の付け根に痛みがあったのですが、長らく放ってました。

そのため、開くたび痛みを感じてました。

 

2、整体治療など、当院来院にあたって心配や不安はなかったですか?

また、心配や不安はどうやって解消しましたか?

初めての時はやはり不安でしたが、1つ1つ話を聞いてくれたので痛みの事を伝えることができました。

 

3、実際に当院の整体を受けてみて、どのような点が変わりましたか?

足の痛みは半分諦めてましたが、先生と話すうち、治せるのでは?と思うようになり、最後までやってみようと思えるようになりました。

 

4、あなたと同じような症状をもった方へ勇気の出る一言お願いします!

開かなかった口がしっかり開くようになり、その後も肩こりが少なくて済むようになり口が開かなくて困る事がほとんどなくなりました。

口が開かなくても、開くようになります!!

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

症状について詳しくはこちら

顎関節症ブログ(まとめ)

関連記事