歯の食いしばりや歯ぎしり、ブラキシズムの痛みの改善法

歯の食いしばりや歯ぎしりで顎や耳の下、ほっぺたが痛い。

そんな症状にお悩みではありませんか?

食いしばりや歯ぎしりは、別名「ブラキシズム(口腔内悪習慣)」と呼ばれていて歯がすり減ったり、ヒビが入ったりと歯に悪影響があるだけでなく、歯周病を悪化させる原因になるとも言われています。

また、ブラキシズムは顎関節症の原因にもなりえます。

今回は、食いしばり・歯ぎしり・ブラキシズムと顎関節症の関係性について詳しくご紹介します。

 

食いしばり、歯ぎしりとは?

食いしばり、歯ぎしりとは上下の歯と歯を力を入れて噛みしめている状態です。

食いしばりや歯ぎしりは別名「ブラキシズム(口腔内悪習慣)」と呼ばれています。

 

通常、重い物を持ち上げる瞬間や集中している時に食いしばっている分には大した問題ではないのですが、仕事中や勉強中の長時間の食いしばりや就寝時の歯ぎしりは歯や顎に大きな負担をかけてしまいます。

 

人の噛む力は大体その人の体重程度だといわれていて、体重50kgの人なら、50kgの力で噛むのが最大だと言われていますが、実際には個人差はあるけれどもう少し強い力で噛みしめていると思います。

 

ブラキシズムとは?

ブラキシズムとは、起きている時・寝ている時を問わず、歯を動的、または静的にこすり合せたり、噛みしめたりする咬合習癖(噛み癖)のことで、咬合神経症とも呼ばれます。

ブラキシズムは、「グラインディング」、「クレンチング」、「タッピング」の3つのタイプに分類されます。

 

グラインディング

上下の歯をグリグリと臼でごまを挽くようにすり合わせる運動(臼磨運動)のことを言います。ギシギシ・ゴリゴリと音を立て、咬筋(噛むときに使う筋肉)に強い力が継続的に働くので、歯質や筋肉、顎関節を痛めることがあります。

寝ている時に多く、一般に呼ばれる「歯ぎしり」はこのグラインディングをいう事が多いです。

 

クレンチング

上下の歯と歯を動かしてではなくジワーっと持続的に噛み合わせる(噛みしめている)

状態を言います。

起きている時に無意識にして行っているので自覚症状がほとんどなく見つかりにくいのが特徴です。

 

タッピング

上下の歯と歯をカチカチと連続的に噛み合わせることを言います。

 

ブラキシズムの原因

最新の研究では食いしばりや歯ぎしりは中枢性のストレスに対する生体の防御反応としての生理的な現象だということが分かり、ほとんどの人に多い少ないはあるにせよ見られる現象であることがあきらかになりました。

ですが、無意識に行われていることなので、頻度や継続時間の長さ、パターンや噛みこむ力など人それぞれ違うので注意が必要です。

 

歯の食いしばりや歯ぎしりの痛みの改善法

食いしばりや歯ぎしり、ブラキシズムの改善方法として歯医者さんでは噛み合わせ治療やマウスピース(ナイトガード)を入れる「スプリント療法」などを行います。

その他、セルフケアとして顎関節のマッサージやストレッチも効果的です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

歯の食いしばりや歯ぎしり、ブラキシズムによる痛みは、顎関節や顎周辺の筋肉で起こることが多く、そういった症状を顎関節症と言います。

マッサージやストレッチなどセルフケアも効果的なのですが、痛みや状態に合わせて無理に行わないよう注意が必要です。

顎関節症は慢性化すると非常につらいので、出来るだけ早く歯医者さんや信頼できる治療院で診てもらうようにしましょう。

 

廣井整体院では、顎関節症の症状を顎関節・筋肉・頚椎(首の骨)の3つのポイントから治療しています。

 

もし、廣井整体院で治療を受けてみたいと思われた方は、今すぐご連絡ください。

「施術の前後で体の変化が体感できる」和歌山の整体 廣井整体院

☎073-423-6751

メール・LINEでのお問い合わせはこちらをクリック

顎関節症で悩んでいた患者さんからの喜びの声をご覧ください!

同じ症状で悩むお客さまの声

顎のガキガキ鳴る音が改善されました。

M.Eさん 32歳 保育士 女性

数年前から顎関節症で、食べ物を食べている時に‟ガキガキ”と音が鳴ったり、口が大きく開かなかったりと気になっていたのと、去年の夏に出産し、お腹が大きくなってきた頃から腰が痛いと感じ、出産後も子供を抱っこして立っているのも辛い日が続いていました。

 

私の母にすすめられ、廣井整体院に診て頂くことになりました。

診て頂くと、腰が痛いと思っていましたが、背中の所の筋肉が固くなっているとのことで、施術や家で出来る肩甲骨ストレッチなど教えてもらい、初めは、本当に痛くなくなるかな?と思うくらいでしたが、何度か通っているうちに立っていても痛いと思うのがなくなりました!

 

顎関節症は、右で噛んで食べるクセがあるなど自分では気づかなかった原因を探してくださったり、その後、左で噛むようにしたり、先生に診て頂いて、音(アゴ)が少し小さくなり、日によっては、口を開けても音が鳴らない日もあるようになりました。

 

整体は、私も初めてだったので良くなるかな?と少し不安でしたが、大体の通う目安の日程(日数)を教えて下さったり、お話ししやすい先生でしたので、本当によかったです。

 

子供が一緒でも施術を受けられ、子供にも優しくして下さったのが嬉しかったです。

子供さんがいる方でも安心して来れるのもおススメです!

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

廣井整体院に通って初めて、顎関節症は治せるものなんだなと思いました

K.H様 32歳 事務 女性 顎関節症で来院

私は顎関節症で大きな口を開ければガクンとなったり、たまに痛くて口を開けにくくなったりしていました。

 

インターネットで口腔外科を探していたのですが、たまたまこちらの整体院のホームページで顎関節症の事を書いていたので、伺うことにしました。

 

まだ数回通っただけですが、行くごとに、ガクンとしていたのが少しずつマシになっていって、スムーズに口を開けれるようになっていきました。

 

状態のことも丁寧に説明してくれるので安心しましたし、その日の調子の悪い個所をたずねてくれて、治療してくれるので体全体が軽く感じるようにもなりました。

 

こちらに通ってはじめて、顎関節症は治せるものなんだなと思いました。

 

同じ症状で悩んでる方にも、ぜひ治療をうけて楽になってほしいです!!

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

1年以上前からのカクカク鳴る音もほぼなくなり、スムーズに口が動くようになりました

H.K様 37歳 会社員 男性  顎の症状のお悩みで来院

私は1年以上前からあごがカクカクなって、すごく悩んでいました。

 

痛みはありませんでしたが、音が聞こえるくらいでイヤだなぁと思い、なにか方法っはないものかと、YouTubeで見ていると、先生の動画を見つけ、ダメもとで行ってみようと思い行ってみました。

 

治療方法は無痛治療と聞いて「?」と思いましたが、始まってみると、なるほど、まったく痛くないのがわかりました。

 

ですが、こんなので治るの?と不安もありました。

 

でも続けないと効果がわからないし、先生を信じてみようと続けて通院しました。

 

結果、音もほぼなくなり、スムーズに口が動くようになりました。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

症状について詳しくはこちら

顎関節症ブログ(まとめ)

関連記事