顎関節症がマウスピースで良くなる人と良くならない人の違いとは?

あなたは、口を開いたり閉じたりするときや食事中に噛むと顎が痛い、カクカク、ガクガクと音が鳴る、口が開きづらい、顎がズレる感じがするなどの顎関節症にお悩みで歯医者で作ったマウスピースをしているけど一向に治らない。

またはこれからマウスピースを作って治療をすることに不安があって、本当にマウスピースで治るのかお調べではありませんか?

このページでは、顎関節症がマウスピースで良くなる人と良くならない人の違いについてわかりやすく解説しておりますので、ぜひ最後まで読み進めてみて下さい。

顎関節症にはマウスピースが良い?

口を開いた時や閉じた時の痛みや、食事中に噛んだ時の痛み、あとは口の開きづらさ、カクカク音がなるといったような顎関節症の症状を一般的には、マウスピースを歯科で作って入れるのが、よく知られている治療法ですが、実際にはマウスピースで治る人・治らない人がいます。

マウスピースには、使用目的がありご自分の顎関節症の症状に合ったものでないと効果が得られません。

では次に、マウスピースやスプリント治療の種類についてご説明していきます。

マウスピース・スプリントの種類

・装着する場所によるマウスピースの種類

マウスピース・スプリント治療で使うマウスピースの種類は、装着する場所によって大きく2つに分けることができます。

1つは上顎に装着するマウスピースと、もう1つは下顎に装着するマウスピースです。

これらはそれぞれ顎関節症の症状に応じて使い分けが行われます。

装着する目的や用途によるマウスピース・スプリントの違い

顎関節症で用いられるマウスピースは、目的や用途によって違い、3つに分けることができます。

その3つとは、スタビライゼーション型スプリント、リポジショニング型スプリント、ディスク リキャプチャリング型スプリントです。

 

スタビライゼーション型スプリントとは、顎関節症のスプリント治療で最も一般的に使用されているタイプで、顎の筋肉の緊張を緩めたり、食いしばりなどの習癖を取り除いたりする目的で用いられます。

リポジショニング型スプリントは、カクカク、コリコリとクリック音と呼ばれる顎が鳴るような症状に対して用いられます。

リキャプチャリング型スプリントは、口が開かない、開きづらいなどと言った開口障害が起こった時に用いられます。

顎関節症がマウスピースで良くなる人と良くならない人の違いとは?

まず一般的なマウスピースを使用する目的というのが、夜間の歯ぎしりや食いしばりを防止するためのものです。

歯ぎしりや、食いしばりがある方は、顎関節に負担がかかって、そのかかっている負担を軽減させることによって症状を改善させるということが、一般的なマウスピースの目的です。

あとは、顎の位置をずらしたり、調整したりするタイプのものもあるのですが、おおむね、寝ている間に、歯ぎしりや食いしばりを予防に使用されることが多い様です。

ですが、そもそも歯ぎしりや、食いしばりがないといった方の場合や、あとは頚椎のズレ、脊椎のズレ、体のゆがみによる姿勢の悪さ、あとは生活習慣、片方で噛んだり、頬杖をつくなど、原因が顎以外の別にある場合は、なかなかマウスピースでは良くならないという事が起こります。

そういった場合には、顎以外の別の原因に対して治療をしてくれるところを選択しないと、マウスピースだけでは、良くならないということがあります。

 

つまりマウスピースで良くなる方は、ご自分の症状がマウスピースの目的、使用目的に合っている方で、治らない方は、顎関節だけでなく顎以外にも原因がる場合には、全く効果がないか、なかなか治りづらいという事が起こります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

マウスピースやスプリント治療には目的や用途にご自分の症状がっていなければ効果が得られないことがあるので、これからマウスピースで治療しようと思われている方や、マウスピースを試してみたけど、良くならなかったという方は、今回解説した内容を参考にして頂いて、今後の顎関節治療を選ぶ際に役立てて下さい。

 

もし、廣井整体院で治療を受けてみたいと思われた方は、今すぐご連絡ください。

「施術の前後で体の変化が体感できる」和歌山の整体 廣井整体院

☎073-423-6751

メール・LINEでのお問い合わせはこちらをクリック

顎関節症で悩んでいた患者さんからの喜びの声をご覧ください!

同じ症状で悩むお客さまの声

顎のガキガキ鳴る音が改善されました。

M.Eさん 32歳 保育士 女性

数年前から顎関節症で、食べ物を食べている時に‟ガキガキ”と音が鳴ったり、口が大きく開かなかったりと気になっていたのと、去年の夏に出産し、お腹が大きくなってきた頃から腰が痛いと感じ、出産後も子供を抱っこして立っているのも辛い日が続いていました。

 

私の母にすすめられ、廣井整体院に診て頂くことになりました。

診て頂くと、腰が痛いと思っていましたが、背中の所の筋肉が固くなっているとのことで、施術や家で出来る肩甲骨ストレッチなど教えてもらい、初めは、本当に痛くなくなるかな?と思うくらいでしたが、何度か通っているうちに立っていても痛いと思うのがなくなりました!

 

顎関節症は、右で噛んで食べるクセがあるなど自分では気づかなかった原因を探してくださったり、その後、左で噛むようにしたり、先生に診て頂いて、音(アゴ)が少し小さくなり、日によっては、口を開けても音が鳴らない日もあるようになりました。

 

整体は、私も初めてだったので良くなるかな?と少し不安でしたが、大体の通う目安の日程(日数)を教えて下さったり、お話ししやすい先生でしたので、本当によかったです。

 

子供が一緒でも施術を受けられ、子供にも優しくして下さったのが嬉しかったです。

子供さんがいる方でも安心して来れるのもおススメです!

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

廣井整体院に通って初めて、顎関節症は治せるものなんだなと思いました

K.H様 32歳 事務 女性 顎関節症で来院

私は顎関節症で大きな口を開ければガクンとなったり、たまに痛くて口を開けにくくなったりしていました。

 

インターネットで口腔外科を探していたのですが、たまたまこちらの整体院のホームページで顎関節症の事を書いていたので、伺うことにしました。

 

まだ数回通っただけですが、行くごとに、ガクンとしていたのが少しずつマシになっていって、スムーズに口を開けれるようになっていきました。

 

状態のことも丁寧に説明してくれるので安心しましたし、その日の調子の悪い個所をたずねてくれて、治療してくれるので体全体が軽く感じるようにもなりました。

 

こちらに通ってはじめて、顎関節症は治せるものなんだなと思いました。

 

同じ症状で悩んでる方にも、ぜひ治療をうけて楽になってほしいです!!

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

顎の辛かった痛みや違和感がなくなり、気持ちも明るくなりました

М.K 52歳 女性 パート社員

ある時からか、左耳下からアゴにかけ痛みや違和感があり、歯科に行ったり、脳神経外科に行ったりしましたが、顎関節症と言う事で痛み止めと筋肉をほぐす薬を処方され飲んでいましたが、一時的に楽になるだけで良くなりませんでした。毎日憂うつで不安な日々を送っていた所、ネットで廣井先生の施術をみつけ、半信半疑ながら通院する事になりました。

 

初回は事細かに私の症状を聞いて下さり、治療の方針も丁寧にわかりやすく話してくださいました。

そして必ず良くなりますから大丈夫ですと声をかけて下さり、それを聞いて、とても前向きになれました。

 

施術は、えっこれだけと初めの時は思いましたが、不思議に回を重ねる事に症状が良くなって行きました。

先生の手技はほんとすごいです。

あの辛かった痛みや違和感がなくなり、気持ちも明るくなりました。

これも先生のお陰です。

 

ありがとうございました。

スタッフの方もとても感じが良かったです。

また何かありましたらお世話になりたいと思います。

感謝

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

症状について詳しくはこちら

顎関節症ブログ(まとめ)

関連記事